ある日のスティンガー

アクセスカウンタ

zoom RSS

<<   作成日時 : 2017/08/24 21:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

気に入っている作家の作品でも、
なんとなくスルーしているものがある。
中山七里氏の‘岬洋介シリーズ’もそのひとつだ。
たいした理由もなく読んでいないのは、損かな。

で、ポップな装丁の「翼がなくても」もスルーしそうになったが、
御子柴弁護士と犬養刑事の名で読むことにした。

翼がなくても
双葉社
中山 七里

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 翼がなくても の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

シリーズキャラクターであるお二人は、
物語の装飾的な立ち居地だが、
好きなキャラクターなので、そのあたりを中心視しちゃったかな。

ミステリーとしては、そうだよね、って感想だったが、
読み物としてはとっても好きな作品になった。


【今日のBGM:甲斐よしひろ「翼あるもの」】

画像  甲斐よしひろ氏の最初のソロ作。

  甲斐バンドの4作目「この夜にさよなら」と
  5作目「誘惑」の間にある。

  バンドの過渡期と重なるのは、
  ご本人曰く「意識して」らしいが、
  結果論って気もするかな。

このカヴァー・アルバムの選曲は好きな感じです。
「恋のバカンス」とかはオリジナルを幼い頃に聴いたなって...。

近年、ノスタルジーで甲斐バンドのアルバムを聴くが、
このソロ作は少し違う気分で聴いている気がする。


それでは、また......

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
翼 ある日のスティンガー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる