ある日のスティンガー

アクセスカウンタ

zoom RSS 1987

<<   作成日時 : 2017/06/09 21:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

大好きな作家で藤田宜永氏の作品は、
恋愛を強調したもの以外はほとんど手に取る。

「恋愛小説」が苦手って意識があるので手にしないが、
氏の作品ならきっと面白いのだろうなぁ、とは思っているが...。

「罠に落ちろ 影の探偵’87」を読了しました。
罠に落ちろ: 影の探偵’87 (文芸書)
徳間書店
藤田 宜永

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 罠に落ちろ: 影の探偵’87 (文芸書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

近年、「亡者たちの切り札」、「喝采」など
昭和の時代を含んだ作品が多いように思う。

今の時代だとほろ苦い感じとか、
哀愁とかが薄まる感じでもしているのかも....。
ぼくの主観だとハードボイルドは、現代が舞台だと不向きって思う。
便利過ぎる世の中が、感傷の邪魔をするのかな、と。


【今日のBGM:Whitesnake「Whitesnake 1987」】

Whitesnake (Deluxe Edition)
Geffen Records
2010-04-20
Whitesnake

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Whitesnake (Deluxe Edition) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


一般的に「Serpence Albus」って呼び方がされるWhitesnakeのアルバム。
米国で大ヒットしたので、ググッと知名度が上がりましたな。
David Coverdale念願の米国制覇って処か、な。

好きか、嫌いか、を考えると、答えは“微妙”なのだ。
そのわりに何回か買い換えている。
最初は国内盤アナログ、次がCD、今は英国の初期盤アナログです。

この初期に拘って買い換えたのは、
英国盤の曲順なら好き、エンボス仕様のジャケットが有難い。
そして、再録の「Here I Go Again」が入っていない。
ヒットしたはしたが、アルバムの中に入るのがそぐわない気がするんだね。

「Still Of The Night」ではじまり、
「Here I Go Again」が未収録、単純にこの形が好きです。


それでは、また......


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
1987 ある日のスティンガー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる