ある日のスティンガー

アクセスカウンタ

zoom RSS 回帰

<<   作成日時 : 2017/08/16 22:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

久しぶりにいつものような速度で読書ができた。
ここの処、途中で躓き最後にあわてて読了ってのが多かった。

出版されたのを確認すると、
必ず手にするシリーズってことでいつも通りの速度なのだろう。
回帰 警視庁強行班係・樋口顕
幻冬舎
2017-02-22
今野 敏

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 回帰 警視庁強行班係・樋口顕 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

「リオ」からはじまるこのシリーズの魅力は、
主人公 樋口顕の思考、行動であろうと思う。
本人曰く「臆病なだけ」が思慮深さや観察眼を引き立てている。

数年前に久しぶりの新作「廉恥」がでて、今作である。
初期の相方 氏家が電話でしか登場しないのは寂しいかもねぇ。

初期のディスカッションが多い作風が、
少し足りない気がしているってのが読後の感想ですな。


【今日のBGM:Uriah Heep「Return To Fantasy」】

Return to Fantasy
Sanctuary UK
2017-03-16
Uriah Heep

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Return to Fantasy の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


Uriah Heepの邦題「幻想への回帰」ってのがそそる8作目。
6作目「The Magician's Birthday」辺りまでと比べると
人気、一般的な評価が少し低いきがするね。

キャッチーかつ軽めの楽曲があって、
その辺りが初期の作風が好きな人に避けられちゃうんだろう。
ぼくはこのアルバムのバランスは好きだけど....。

Gary Thainに代わりJohn Wettonがベースで加入している。
ネームバリューって意味ではひとつ注目に値するかな。

Heepの魅力でもあるコーラス・ワークって点で、
シンガーとしても活躍できる人の加入で、幅は広がっているのかな。

しかし、Mick Boxは偉いね、未だに現役バンドだよ。


それでは、また......

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
回帰 ある日のスティンガー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる